topk.jpg
【日記 5月14日】安心
2016051402.jpg

 ペルヴィカクロミス・タエニアータス・モリヴェのウィルヘルミブリードのF1(名前長い)が、ようやく子育て成功したっぽい。

 ここまで子どもが大きくなれば大丈夫っしょたぶん。よくよく数えると稚魚数50オーバーはいそう。アピストグラマに比べて身体が一回りデカイから産卵数も多いんでしょう。

 30キューブ水槽で仕切り直していきなり成功となりました。その前は60レギュラーに1ペアのみの贅沢な環境を用意してやった(だって高いモンw)んですが、一回だけ稚魚の姿を見ただけで二か月間不発。

 広すぎても、駄目なんかね。広けりゃ広いだけいいがかなと思ってたんすが。

 前回と今回で、水槽のサイズ以外で環境を変えた点は、下に砂利をひくのをやめたことと、流木の他に割れた素焼きの植木鉢を入れたこと。今回の産卵床はその植木鉢にしたっぽい。これが勝因かの。わからんけど。

 あとは・・・ラムじゃの。あいつらこれで4回失敗しとる。稚魚浮上寸前までいって喰いやがった。アピストよりラムのほうが難しい気がする。

 うち生まれのApヴィエジタ・スーパーレッドのメスなんて、エンゼルフィッシュとベタが沢山蠢くカオス水槽の中で産卵して稚魚浮上まで持って行ったスーパーお母さんである。あのお母さんには近々、専用子育て水槽とダンナを用意せにゃならんかなとおもっとる。
スポンサーサイト
【2016/05/14 20:23】 一言おおい君の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【日記 5月15日】ペア | ホーム | 【日記 5月13日】百円>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hitokoto001.blog10.fc2.com/tb.php/6409-6052667b
| ホーム |