FC2ブログ
topk.jpg
【日記 5月28日】Kさん
2008112401.jpg

 Kさん。(鬼才・俺様によるペイント画)

 俺がKさんを初めて知ったのは小学校4年生くらいのときでした。
 Kさんは当時町で唯一のコンビニでバイトしている、やる気のなさそうな若者でした。中肉中背、坊主頭。
 それでなんとなく顔は知っていたのですが、しばらくすると俺の通う小学校に、スポーツ少年団の野球を見に姿を見せるようになりました。
 長渕をリスペクトしているらしく、髪型も服装もそれっぽく、夕方4時ごろに颯爽と原チャリで毎日グラウンドに現れました。
 あんまり頻繁に来るので、俺はまたコーチかなんかなのかなと思っていたのですが、なんの指導もせずブラブラして生徒にチャチャばかり入れていることから単なる暇人だということが判明しました。
 当時は今と違って、不審者対策もクソもなく、あー近所の変わり者が来とるわーくらいの認識で、先生たちも彼を放置。今なら間違いなく通報、ポリスにニューナンブを向けられていたことでしょう。

 当時の俺は剣道をやっていましたが、練習は6時から。その間の放課後の空いた時間は、ヘッポコ野球部の練習を見て野次を飛ばすのが日課でしたから、自然に彼と話すようになり、親しくなりました。

 何を話していたのか、内容はあまり詳しく覚えていませんが、学校のこととか、彼の身の上のことが主でした。

 彼は当時24歳。もちろん独身。高校中退。公営住宅で親と3人で同居。クルマは無しでアシは原チャリ。仕事は日雇いの現場を転々としたいたようです。

 いくら小学生といってもここまで聞けば彼の人生が順調とは言えないことが判りました。

 しかし、彼は小学生の俺らを変に子供扱いしたりせず対等に話してくれることから、彼はなかなか人気がありました。

 あるときなど、女子を交えた俺ら数人と話しているときに、「お前ら、俺が派手な格好して大人だから、毎晩女とヤリまくってるとか思ってるだろう。・・・一回もしたこと無い。俺は童貞だ。彼女なんぞできたこともない。」と、小学生の俺らがリアクションに困るようなことを平気で言うのでした。
 かと思えば、知的障害のある子どもを馬鹿にした発言をしたヤツに、凄い剣幕で怒ったり、マトモな面もありました。

 ある日、「あの人、シンナーやっとるよ。あの歯はそういう歯だって。あんまり近づかんほうがいいよ。うちのお母さんが言っとった。」と、俺が好きだった女の子が俺に言いました。
 俺は耳を貸しませんでした。今思うと、たぶん、シンナーをやっとったでしょう。溶けてすきっ歯でしたから。でも当時は、そんなことないと思いました。見た目はアレだけど大丈夫。中身はマトモだろうと。

 でも巡りめぐって、他のT小学校の友達から噂話を何度か聞きました。「T小学校の体育館でダンクしようとして、バックボードに頭をぶつけて血を流して意識を失って通報された。」「T小学校の水深50cmのプールに飛びこんで頭を打って血まみれになって救急車を呼ばれた。」など。

 要するに、酒を飲んだら、人間が変わるらしいのです。アル中というヤツです。

 これは彼から直接聞いた話なのですが、酒を飲んだときに前に勤めていたコンビニの前を通りかかり、クビになった腹いせを晴らすためにガラスを破壊。やった後に怖くなって家に逃げ帰り、2、3日様子をみて、警察が来ないからバレんかったよかったーと思っていたら、コンビニからガラスの代金の請求書が届いたそうです。

 アホなんです。

 そんなこんなで俺らが小学校を卒業した直後の春休み、俺と他2名で彼の家に遊びに行ったことがありました。
 俺らが来たことを彼は凄く喜んでくれました。酒の一升瓶片手に。
 
 彼の部屋の巨大なブラウン管のTVでぷよぷよをしたりして、一時間ほどは楽しく過ごしていたのですが、酒も進んできたのか彼が妙なことを言い出しました。

 「お前ら、俺の義兄弟になれ。」

 そういうと、その辺にあったナイフを手にして、自分の腕に一筋の切り込みを入れました。

 「お前ら、俺の血を飲め。」

 中学生になるかならないかのかわいらしい少年だった俺ら、こんな怖い思いは過去にしたことがありませんでした。正直、脚がガクガクしたのを覚えています。どうやって逃げたのか覚えていませんが、その場を脱することはできました。

 本当にヤバいいんかな・・・?みんなのいうようにキ○ガイなんかなやっぱり・・・?と思いつつ俺らは中学生になり、部活に勉強に忙しくなってきた5月頃。
 朝、学校にきてロッカーを見ると、紙切れが靴の上に置いてありました。・・・きたよ、とうとう。そりゃきますよね、僕ちゃんこんなにカッコイイもの・・・と思いつつ紙を広げると、男らしい、というかヘッタクソな汚い字で俺への宛名が書いてありました。

 彼からの「詫び状」でした。

 あの時はすまなかったということと、酒を飲むとよくないということ。同世代の友達はほとんどおらず、俺くらいしか友達と言える人はいないということが、長文で書かれていました。

 そして、靴の中には、「俺の持っている一番値段の高いものだ」という、金のブレスレットが置いてありました。

 翌日の新聞に彼が出ました。中学校へ不法侵入で男が逮捕。動機は不明。

 俺への手紙を起きに夜中に学校へ侵入して警備センサーに引っかかったらしいです。





 その後、彼に会ったことは2度あります。中2の時、地元のお祭りでばったり会いましたが、俺が声をかけようとすると申し訳なさそうに目を伏せて立ち去ってしまいました。もう一度は、その年の夏にチャリで上市の某店にR君とガンプラを買いに行くと、見るからに不審なジムニーが置いてあって、中を覗くと彼が乗ってました。酒を飲んでいたらしく口から何かを出して、目が遠くをみていました。そのときは恐ろしくなって俺のほうから逃げました。

 高校時代は、地元から離れていたこともあって、一度も会いませんでしたが、彼の消息というか生きてるかどうかは知ることができました。

 主に新聞で。

 ・ジムニーで飲酒運転→運転をミスったのかワザとなのか不明ですが知らない人の家に突っ込む→逮捕
 ・N協の倉庫からビール6缶パックを盗む→センサーに引っかかり通報→パトカーとカーチェイス→山奥に逃げ込む→脱輪→逮捕

 新聞、TVに出たのだけで二つあるんですから、報道されないようなチンケな事件ならもっと起こしているかもしれません。
 



 そんなこんなで俺も大学生となり、いい加減彼のことは忘れかけていたある日。暇で、某巨大掲示板を覗いていた俺は、一番下にある(エロイののさらに下)まちBBSというのを覗いてみました。そこで俺の町のスレを覗くと・・・

 なんと、彼のことを書いた書き込みが数件ありました。T野地区のアル中のKといえば彼しかいません。「この前○○の飲み屋で見た」という書き込みもあり、彼が生きているらしいというのが確認できました。

 ある意味、安心できました。ああ、よかった。生きとるんだ。







 その後、最近の彼の消息についての情報はありません。彼も今では36、37歳くらいになっているはずです。俺も、当時の彼の年齢に追いついてしまいました。

 何かを伝えたいわけではないけれど、たまにふと、会って話しをしてみたいなと、思うときがあります。
スポンサーサイト



【2009/05/28 23:59】 一言おおい君の日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【日記 5月29日】肉 | ホーム | Adventure Lights - VIP 1 LED Signal Light IR>>
コメント
今さっき、職場の先輩(35歳)に聞いたら、名前は聞いたことあるってよ。
恐るべき知名度wwwwwwww
【2009/05/29 08:27】 URL | 農協職員 #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hitokoto001.blog10.fc2.com/tb.php/1999-f1dee0f7
| ホーム |