FC2ブログ
topk.jpg
【日記 3月19日】いやマジ惚れるわ
200603201.jpg

 ウチの新しい家族。黄色いヤツは「ピピ五郎」(1983ちゃん命名)他の3羽はまだ名無しなので名前を募集中。

 アレですよ、見ましたか?WBCの日韓戦。ぶっちゃけ俺って野球にあまり興味が無いので、「韓国に負けなきゃ他はどうでもいいやー」って思ってたんですが、昨日はさすがに見ました。うん、よかった。こんな試合ばかりなら、野球も見てもいいかもしれない。普段あまり興味がないので、イチローと上原くらいしか名前と顔が一致しなかったのですが(4番のデブ、誰?知らんぞ)いや面白かった。上原も凄かったけど、やっぱりイチローだね。存在感が別格。あそこまで気合を入れて、それをプレイに繋げられる選手ってのは、他のスポーツを見ても他にいないんじゃないか?俺の知る限りだと、ああいうことができたのは他にはマイケル・ジョーダンしかいない。「野球」というスポーツを他の18人の選手と一緒にしているはずなのに、一人だけ別の次元でプレイしているように見えた。

 韓国の監督、選手の試合後のコメントも珍しく紳士的なものであったし(ホームラン打たれた直後の打者にデッドボールってのは「やっぱり韓国人かよ」って思いましたが)、気持ちのいい試合でしたね。
スポンサーサイト



【2006/03/19 23:59】 一言おおい君の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BHI NIGHT OPS GLADIUS
200603194.jpg

200603195.jpg

未開封ド新品をショーゲキ価格で譲ってもらいました。いやー前々から欲しかったんですよコレ。ストロボモードとか、メッチャ萌えるじゃないですかぁ。

200603192.jpg

スペック的にライバルとなるSUREFIRE U2との比較。
 サイズはGLADIUSの方が3?ほど長いです。明るさの比較では、U2が満遍なく照らす感じなのに比べてGLADIUSはスポットで中心の一点を照らすって感じ。SUREFIREのX200の口径がデカイヤツってなイメージかな。ゲームなどではGLADIUS、普段使いにはU2が適しているかと。
 両方に共通する機能として、光量調節機能がありますが、U2が6段階、GLADIUSが無段階です。しかし、U2がボディのダイヤルを回して素早く調節できるのに対し、GLADIUSは光量調節モードにダイヤルを設定してスイッチを押しっぱなしにしなければならないので、この点はU2の勝ちかな。
 ストロボモードに関しては、今更説明するまでもないかと思いますが、暗闇でイタズラ感覚で使うと相手とのリアルファイトにハッテンする場合があるので気をつけましょう。

どっちがいいライトなのか?うーん。どっちもいいよ。どっちも最高。普段使う分にはU2、テロリストの隠れ家に強襲したりテトラでDさんと戦うにはGLADIUSかな。どっちも持ってる俺は勝ち組やね、うん。

200603193.jpg

ライト、増えたなぁ・・・ちなみに以前使っていたSUREFIRE 6P改はナナエモンにあげました。

200603196.jpg

ライフルに付けてみました。SUREFIRE M3より軽いからしばらくコレでいこうかな。テトラの中をクリアリングするときに最高だろなコレ。早く夜戦やりてぇ!
【2006/03/19 23:44】 ライト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
M4 フリップアップリアサイト
200603197.jpg

200603198.jpg

200603199.jpg


 Dさんに、カットしたキャリングハンドルと交換してもらいました。ありがとうございます。
 A.R.M.S. #40のレプリカですが、側面にメーカー名が書いて無いこと以外は本物とあんまり違いがありません。
 M16のサイトに関して、エイムポイントタイプのドットサイトを使っているときは、リアサイトはあまり畳む必要が無いというのがオレの考えなんですが、EOテックホロサイトを取り付けた場合は、リアサイトは邪魔です。なもんでいつかEOテックを買った時のために、ね。
 フロントのフリップアップサイトも存在しますが、あれに関してはオレは必要性をあまり感じませんね。おそらく、本職の特殊部隊の隊員も同じ考えなようで、報道写真でも見かけないパーツです。
 A.R.M.S. #40L(マルイのSシステムに標準装備のパーツ)のレプリカも以前使用していたときがありましたが、夜用サイトにしたまま折りたためない欠点があったので、このリアサイトは以前から欲しかったんです。
 


 決して「カッコイイから」なんてミーハーな理由じゃないんだぞ。
【2006/03/19 22:56】 銃・装備で一言おおい君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |