FC2ブログ
topk.jpg
【日記 12月8日】ドライブスルー
ha-to.jpg

今日の昼ね、マック行ったんすよ、マック。M田サブマネージャーのクルマで。3時間目に授業があったんでドライブスルーで買おうってことになったんすよ。俺が「ドライブスルーにしよう」って言ったらM田は微妙な顔したんすよね。過去の苦い経験が思い出されたようです。
で、マックについて言いました。
俺「マックチキン3個ね。金渡しとくわ。お前は?」
M田「う、うん。お、おれはマックチキン1つ」
単品注文とはいい度胸です。まぁ、M田が頼むんです。俺は別に恥ずかしくないですからいいですが。
マイクの前に来ました。
店員「いらっしゃいませ。ご注文お決まりでしょうか?」
M田「えっとぉーマックチキン四つぅー(微妙に投げやりな感じで)」
店員「マックチキン四つで。以上でご注文よろしいでしょうか?」
M田君、突然口ごもって何も言わなくなったんです。その間、約5秒。
俺「あ、以上で。」
店員「400円になりまーす。お車前へどうぞー」
そう言われてもM田君、クルマを動かそうとしません。
俺「どうしたんだよ?」
M田「だだだだって前にクルマいるじゃないかぁ。」
前の車は窓口で商品を受け取っています。俺たちのクルマはマイクのある位置。その間約8メートル。
俺「後ろの車、つかえとるぞ。俺らが前に行かなきゃ後ろの人注文できんだろ。前行かなきゃ。」
俺はこんなことまでいちいち言わなきゃいかんのか?イライラしてきましたが、まぁいつものことです。
M田「い、いくらかなぁ?」
俺「400円だって」
M田「ででも消費税とか」
俺「だから店員さんもあそこにある電光掲示板にも400円って書いてあるだろ!ぽっきり400円なんだよ!」
そんなドリフのコントの前フリみたいな会話をしている間に俺たちの番が来ました。
店員「400円になりまーす。」
M田君、十分時間があったのにお金用意してなかったんです。彼の手には俺が事前に渡してあった300円が握られています。M田君、パニクって100円玉を小銭入れから出すことが出来ません。30秒ほど経ってやっと支払いが済みました。あー疲れた。


コレでも大分マシになったんですよ、M田サブマネージャー。夏にドライブスルーしたときはもっと悲惨な感じでした。


今日と同じく、M田君の運転で、俺は助手席でした。
俺「あーガイダンス疲れたなぁ。」
M田「疲れたねぇグフフフ」
俺「腹減ったねぇ、あ、あそこにマックある、ちょっと寄ってこうぜ。」
M田君はクルマをマックに向けました。
俺「クルマから降りるのめんどくせぇなぁ。ドライブスルーにしようぜ。」
M田「えっあっう、うん。」
このとき、M田が微妙な表情をしたことに、俺は気づいてやるべきでした・・・
黙って横に乗っていると、M田はマイクのある場所をスルーし、いきなり窓口のほうに車を持っていきました。
俺「えっ、何してんの?」
M田「だだだだだってどどどどドライブスルーなんじゃないのかよぉ」
俺「・・・あの、後ろにあるマイクで注文せにゃならんだろ。俺等と何回か来たことあるよな?こういうとこ?」
M田「うううううううん。」
俺「とりあえず、後ろに車もいないからバックしてマイクんトコまで戻れや。」
M田君、いつもどおりぎこちない操作で車をバックさせだしました。そしてマイクから横に4メートルは離れたところに車を停めました。
切り返してもっと寄せるのかな?と僕は口出しするのをやめて見守っていると、彼はキ○ガイじみた行動にでました。
M田「えっとぉ!てりやきマックバーガーセットォ!」
あたりに響く声でマイクに向かって叫びはじめました。マックに隣接するゲームセンターの駐車場にいる人が一斉に振り向きました。みんなあっけにとられた表情をしています。
俺「えっ、おいっ、ちょっ、おまっ、やめれー!」
俺は恥ずかしさのあまり、彼の頭をひっぱたきました。
M田「な、なにするんだよぉぉぉぉ!」
俺「何するんだじゃねぇこのボケ!マイクにもっと車を近づけろ!」
M田君は車を切れ気味な態度で動かし、なんとか車をマイクから1メートルのところまで持って行かせました。
M田「えっとぉ!てりやき・・・」
俺「そんなでけぇ声出さんでも聞こえる!それにマイクの向こうのネーチャンが話し掛けてきてから話せ!」
M田君、パニくって訳判らなくなっています。
店員「いらっしゃいませ。ご注文お決まりでしょうか?」
M田「えっとぉ、てりやきマックバーガーセット一つとぉ、ベーコンレタスバーガーセット一つ・・・」
そこまで言うとM田君は何を思ったか車を急発進させ、窓口の方に向かおうとしました。
俺「おいっ!お前どこ行くんよ?!」
M田「ええええええ?だだだだだってちゅちゅちゅちゅ注文したじゃないかぁもぉなんなんだよぉぉぉ」
なんか泣きかけです。
俺「お前がなんなんだ。とにかくマイクんトコまで戻れ!」
車を戻させました。
店員「あのー、お客様?」
俺「あ、すいません。」
店員「・・・サイドメニューはどうなさいますか?」
俺「二つともポテトとコーラで。」
店員「1060円になりまーす。お車前へどうぞー。」
これ以上このアホに話させると注文が終わるのに3年ほど掛かりそうだったので、俺が助手席から注文しました。
注文が終わった途端、荒々しく車を発進させるM田君。
俺「お前・・・挙動不審だぞ・・・」
M田「だだだだだ誰が挙動不審なんだよぉぉぉもう!おおおおおおれはきょどどどどう不審なんかじゃななななななないぞう!」
俺、もう疲れました。
商品受け渡し窓口に来ました。
店員「お会計、1060円になりまーす。」
M田「はいはい!1060円ね!はいはい!」
何故かキレ気味でお金を叩きつけるM田。困惑するバイトのネーチャン。
俺「あ、すいませんねぇ。ほらっモノ受取れやM田。」


ほら、最初から比べれば今日のドライブスルーはマシでしょう?M田君のリハビリ、進んでますよ・・・

スポンサーサイト



【2005/12/08 22:39】 一言おおい君の日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |