topk.jpg
RX-93 ν-GUNDAM
2006092509.jpg

2006092410.jpg

「シャアの反乱」に対処するべく再編されたロンド・ベル隊のMS部隊隊長、アムロ・レイ大尉の専用機として開発されたMSで、基礎設計はアムロ自身の手により行われた。機体製造は要請を受けたアナハイム・エレクトロニクス社が担当し、フォン・ブラウン工場において3ヶ月と言う短期間で完成にこぎつけた。本機開発プロジェクトはアナハイム社で独自に進められていたものだったのだが、開発中にロンド・ベルへの配備が決定した事を受け、アムロによる基礎設計の修正を経て完成したとも言われている。

設計はそれまでのガンダムタイプ全てを参考に行われ、それらのデータ解析により得られた平均値を基にしつつ新技術を盛り込んでいる。また、アムロが長年培ってきたMSパイロットとしての経験も設計に生かされている。機体名はアナハイム・エレクトロニクス社製ガンダムの11番目の開発コード「ν」から名付けられた。なお、開発担当者はオクトバー・サラン。

設計は汎用性を重視している。これは、設計に関わったアムロの導き出した『最強』への答えが汎用兵器としてのMSの姿にあったからと思われる。「固定兵装や合体・変形機構に頼らず、機体自体のポテンシャルの高さを活かし多彩な携行武器によってあらゆる状況に対応する」これがアムロの出した『最強』への回答であったのだろう。そのためMSとしての性能はもちろん、運用面も重視した設計が行われている。機体自体が急造品で戦闘が長期化した場合を考慮して信頼性と耐久性を重視し、一部の部品(サイコミュ関係)を除いてなるべく連邦軍の規格品=量産型MSの部品や調達が容易な素材を用いるよう心掛けられている。また、アナハイム社が培ってきたMS技術も積極的に利用されており、機体に用いる部材はZ系統MSのものを使用、センサー類にはインコムやバイオセンサーの技術をスピンオフして用いている。さらに、整備や実戦データのフィードバックによる機体の強化が容易に行えるよう各部を可能な限りユニット化し、搭載火器は頭部バルカンを除き徹底的に省略して内部構造に余裕を持たせたつくりとなっている。これにより本機は宇宙世紀0093年代最強クラスの性能を誇るMSでありながらも兵器としての高い信頼性も獲得し、非常にバランスの良い機体として完成した。

本機は機動歩兵というMSの原点に回帰した機体であると同時にニュータイプ専用機であり、ガンダムタイプの主力MSで初めてファンネルを装備した意欲的な機体でもある。バックパックの左側に新規設計の専用サイコミュ兵器フィン・ファンネルを装備。ファンネルの装備や分離により機体の慣性重心が動きバランスがくずれてしまう事を考慮し、重心移動に対応した機体管制プログラムも新たに開発されている。

機体と比べて大型のスラスターは装備されてはいないが、個々の出力の強化や全身にサブスラスター・マイクロスラスターを装備する事により高い機動性を誇る。「敵機に対しより素早い対応ができるよう相手の脳波をサイコミュで強化し受信する」というアムロのアイデアにより、コックピットシート後方にサイコミュ受信パックを備えるほか、コックピットの周囲や駆動系にサイコ・フレームを使用してサイコミュの小型化・感応度の向上が図られ、機体の追従性能ならびに運動性能の向上にも大きな貢献を果たしている(一説によると人間並みの反応性をもっていると言われる)。そのため基礎設計により得られた機体の堅牢性を生かしてマニピュレーターや脚部を用いた近接戦闘も可能であり、実際肉弾戦によりサザビーを行動不能にしたところからも機体性能の高さがうかがえる。

パイロットのアムロの技量と相まって、最強のMSと言っても過言ではないとまで言われている。

なお、νガンダムに採用されたサイコフレームは、アムロと同等性能のMSに搭乗して決着をつけることを望んだシャアによってアナハイム・エレクトロニクス社へ意図的に横流しされたものである。当初νガンダムには装備されていなかったが急遽用いられる事になり、この素材変更によりνガンダムの機体重量は3kg減少している。アムロにはアナハイム社の材料開発部門が独自開発したものであると説明されたが、後にオクトバーの手紙によりネオ・ジオンより入ってきた技術であるという事がチェーン・アギに伝えられる。

主な武装
νガンダムに装備されている武装は往年の名機ガンダムと基本的には同じで、当時の連邦軍のMSには標準的なものを備える。しかし、信頼性や攻撃力といった質は非常に高く、量産型のMSとは比較にならない。そしてνガンダム専用に様々なメカニズムが組み込まれている。

頭部60?バルカン砲
薬莢方式を採用しており、射撃と同時に空薬莢が頭部側面より排出される。基本的にミサイル、グレネードなどへの迎撃や牽制用に用いられるが、MSの頭部を吹き飛ばす程度の威力は備わっている。
ビームライフル
最大出力なら当時の戦艦の主砲レベルの威力を誇る。劇中において連射する場面があるが、これは機能ではなくアムロの技量によるものという設定がある。

フィン・ファンネル
従来のファンネルとは異なるジェネレーター内蔵型のファンネルである。ジェネレーターを内蔵しているため従来のものよりは大型化しているものの、活動時間が長くなっている。オールレンジ攻撃兵器としてだけでなく、ファンネルを頂点としてビームの膜(ビームバリア)を張ることにより、防御シールドを展開する事が可能。6基装備されている。ただし機体自体が急造品であるため一度射出したフィンファンネルは機体に戻すことが出来ない。詳細は「フィン・ファンネル」を参照。

ニューハイパーバズーカ
地球連邦軍製モビルスーツ用の武装としては一般的だが、νガンダムのものは有効射程距離の向上、より破壊効率の高い弾頭への変更など、機体に合わせてカスタマイズが行われている。口径は280?。背面バックパックにマウントでき、その状態や、通信用ワイヤーを介した指令により本体から切り離した状態でも射撃可能。アムロはこの機能を利用して変則的な攻撃を繰り出した。

シールド
裏面にビームキャノン1門とミサイル4発を装備。他の連邦軍MSのシールドより高度な武装化がされており、攻防一体型の多目的複合装備としての性格が強くなっている。これらの火器は牽制用に使われるが、ビームキャノンは独自に稼動用のジェネレーターを備えており、一年戦争時に使用されていたビームライフル程度の威力を持っている。耐ビームコーティングの技術が進んだであろう0093年代においても、ビームの直撃に耐えられる装甲は存在しないので、この武器でもMSを撃墜することは容易。なお、シールド表面に描かれているのはアムロのパーソナルマークで、一角獣をモチーフとしている。(アムロのAともとれる)

ビームサーベル
バックパック(右側)に装備されたメインのサーベル(カスタム・ビームサーベル)と、左腕シールドマウント基部に予備のサーベルが装備されている。メインのサーベルは比較的大型で「鍔」を持つ独特な形状をしており、ビームの形状も曲刀状となっているため、専用品だと推測される。長さは異なるが、ゲルググのビームナギナタのように両方からビームの刃が出るほか、増幅装置やエミッターに仕様変更が加えられ、バイアスや形状にアレンジをすることもできる。また、当時一般的だった斬りかかる際のみにビームが出る構造を採用しており、無駄なエネルギーの消費を抑えている(劇中の1シーンからメインサーベルの出力はサザビーのそれを上回っていたと推察することができる)。予備のビームサーベルは一般的なもので威力も標準的なものであったが、サザビーの攻撃を左腕に受けた際に損傷したようであり、使用は確認されていない。

なお、マニピュレーターにはグリプス戦役時のMSと同様にダミーやトリモチ・ランチャーを装備している。余談だが、劇中において武装を失ったνガンダムはギラ・ドーガからビーム・マシンガンを奪い使用している。ギラ・ドーガもアナハイム製であったためか、使用の際何らかの支障をきたす事は無かった。

スポンサーサイト
【2006/09/24 12:14】 一言おおいMS格納庫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PMX-003 THE-O
200607137.jpg

200607138.jpg

木星帰りのニュータイプ、パプテマス・シロッコが来るべきエゥーゴ・アクシズとの最終決戦に臨むべく、巨大輸送船ジュピトリス工廠にて開発を行ったPMXシリーズ・モビルスーツの最終形態。歩行機動兵器としてはかなりのへビー・クラスであり、その出力・機動力とともに「人型を成したモビルアーマー」とでも形容するに相応しい能力を有する。

基礎設計の段階から、設計者であるシロッコ自らの搭乗を前提に開発されており、彼の稀有な空間認識、及び事象予知能力を機体制御に反映させるべく、管制システムには独自開発によるサイコミュが搭載されている。

本機のサイコミュはビット兵器に代表される遠隔誘導端末の制御機能を有さない為、便宜上は準サイコミュの一種であるバイオセンサーにカテゴライズされるものの、アナハイム製Zガンダムや後に開発されるZZガンダムに搭載される同名のデバイスとは、根本的に設計思想を異にするものとなっている。感応波の増幅並びに追従性能向上に対する効果は、当時最高水準のニュータイプ専用機とされるキュベレイに匹敵すると言われており、シロッコ専用にチューニングされたインターフェースは、彼以外の搭乗を拒むものとなっている。

スペック・ノート上のジェネレータ出力は2000キロワット未満と控えめだが、搭載される大型核融合炉は戦艦クラスに匹敵する莫大なエネルギー量を生み出し、本機の巨躯に有り余るパワーを供給、その動作速度を極めて鋭敏なものとする。また、機体背部には推力3万8200キログラムの大型ノズル1基、及び推力1万6200キログラムの小型ノズル6基を搭載する(合計13万5400キログラム)他、全身の装甲上に50基もの熱核ロケット・モーターを配し、これらは全て前述のサイコミュと直結されている。可変式モビルスーツの様に、全ての推力ベクトルを一致させる事は不可能だが、本機は敵機を機体正面に捉えた状態のまま、全周囲に対し瞬時に最大推力を発生する事が可能となっている。

多重間接構造を有する脚部はランディング・ギアとしての用途に加え、姿勢制御スタビライザー、並びに高自由度のバーニア・ユニットとしての機能を統合した総合的な機動モジュールとして設計されている。多重間接・装甲移動による緻密な質量移動は極めて高精度な姿勢制御を可能とし、基本フレームと同一コンポーネントであるが故に、高機動戦闘時にもバインダーのように余計な慣性モーメントを発生させる事は無い。本機の脚部モジュールは歩行脚としての機能も有するが、あくまで空間戦闘用のベクタード・ノズルとしての機能を最上位に設定されているため、1Gの重力下での歩行能力は低く、走行や跳躍といった、フレームに大きな負担の掛かる動作は推奨されない。ただし、これらの複合機動ユニットと、サイコミュ制御による先鋭的な機体管制は互いに連動し、全備重量80トンを超える本機に破格の運動性、並びに機動力を付与し、その空間戦闘能力を同時代の機体と比較して、比類無きものとしている。

一方、携行火器に関してはビーム・ソード4基の他に大型ビーム・ライフル1丁と、グリプス戦役末期のモビルスーツとしては、非常に簡素な仕様となっている。本機を設計したシロッコは、天才的なエンジニアであると同時に、パイロットとしても稀有な才覚を有していた。彼は過去の機体開発、及び戦闘経験から、戦闘用モビルスーツにとって本来的に必要な要素は、複雑な可変機構や過剰な火力ではなく、搭乗者の技量を確実に反映できる優秀なインターフェース、並びにそれに応えられる堅牢な機体であると判断し、本機の設計に際して純粋に機動力、白兵戦闘能力を追求したアプローチを行っている。その様な意味から、本機はかつてモビルスーツの汎用機動兵器としてのポテンシャルを初めて体現したザクの後継機と言う事が出来る。また、シンプルな武装であってもシロッコの操縦技術を持ってすれば、当時の最新鋭機を圧倒する戦闘能力を発揮する事が可能であったという。デバイスのビーム・エミッターの出力自体は標準的なものであるが、精度及び信頼性の点で大きく向上しており、これらの武装をより有効に活用すべく、通常の腕以外に独立したサブ・マニピュレーター(隠し腕)を腰部フロントスカートに内蔵している。通常のマニピュレーター同様に武装の携行、及びビーム・ソードのドライブが可能であり、主に近接戦闘時の奇襲攻撃において、非常に有効に機能したという。

なお、ジ・Oとは神の意思を表すとされている。


MGで出ないかなTHE-O。

 Zにやられる最後のシーンって、どう見てもコックピットにスイカバーが刺さってるようにしか見えんよな?
【2006/07/13 21:53】 一言おおいMS格納庫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MSA-0011[Ext] Ex-S GUNDAM
20060323ex-s1.jpg

20060323ex-s2.jpg

アナハイム・エレクトロニクス社がMSZ-0010ΖΖガンダムと同時期に開発した「Ζ計画」のうちの1機で、コードネームは「ι(イオタ)ガンダム」。ΖΖガンダムと機体構成の面で似た部分があり、1体のモビルスーツが3機の戦闘機から構成される。ただし、コア・ファイターにあたる「Gコア」は1機しか存在せず、上半身である「Gアタッカー」、下半身である「Gボマー」の両方にもコクピットブロックがあり、それぞれがGコアと連結可能である。また、はじめから追加兵装やオプション装備などが考慮された構造となっていて、強化型バックパックや増加ブースター、追加装甲など多種多様なオプションが用意されている。

武装は頭部インコム、各部に装備されたビームカノン、ビームスマートガン、ビームサーベル。また、両膝部分にリフレクターインコムも備えられており、ビームを偏向させることによって、イレギュラーな戦法を可能とした。

MSA-0011[Ext] Ex-S(イクスェス)ガンダムはSガンダムの強化装備形態である。新たにリフレクターインコム・コクピットブロック周辺を防御するIフィールドバリアを装備。分離せずに巡航形態に変形でき、この巡航形態を「Gクルーザー」と呼ぶ。



『GUNDAM SENTINEL』のMSはどれもカッコイイ。MGのゼク・ツヴァイとかもし出たなら即買いなんですけど・・・出ないだろうな。FAZZ隊を三つとZ PLUSも買って「α任務部隊」揃えたいねぇ。
【2006/03/23 23:27】 一言おおいMS格納庫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PMX-001 PALACE-ATHENE
200603223.jpg

200603222.jpg

パプテマス・シロッコが他のカスタムメイドMS同様ジュピトリス内で設計・完成させた。火器類に重点を置いた設計になっており、その分機動力が犠牲になっている。フル装備では80tを超え、対艦攻撃用の大型ミサイルを背部に装備することができるが、劇中では見られなかった。専用シールド内部には小型のミサイルを搭載しており、このことは過去のジオン軍のMSギャンにもみられる技術ではあるがつながりは不明である。 一説にはジ・O、ボリノーク・サマーンとの3機による運用を予定していたともいわれている。

本機はレコア・ロンドに与えられ、シロッコの意向によりバスクのドゴス・ギアを撃沈。被弾しシャクルズに乗ったガンダムMk-?(パイロットはエマ・シーン)との一騎討ちとなる。そしてMk-?のビーム・サーベルがコクピットを貫いたその時、ヤザン・ゲーブルのハンブラビのビームが直撃、撃破された。


武装
ビームサーベル
23連ビームガン
グレネードランチャー
拡散ビーム砲×4
ミニミサイル×40
大型ミサイル×8
メガビーム砲×2


昔はレコアがめっちゃ嫌いでした・・・今は少し気持ちが理解できる。っちゅーかシャアが原因だろ?レコアの裏切りって。女にとっちゃあ最悪だよなぁあの赤い人。まるでオレあwせdrftgyふじこlp

カッコイイなワロスアテネ
【2006/03/22 21:29】 一言おおいMS格納庫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MSM-07S Z'GOK(Char Aznable use)
200603202.jpg

モビルアーマーを多く開発したMIP社の開発による唯一のモビルスーツであり、ツィマッド社のゴッグと同時期に開発に着手した。アッガイの型式番号であるMSM-04は本来なら本機に与えられるはずであったが、先に運用されたゴッグのデータをフィードバックしたためアッガイよりも量産化が遅れ、別の型式番号与えられた経緯を持つ。だがその高い完成度はジオン公国製モビルスーツの中でもトップクラスであり、先行して量産化されていた2機種に代わって水陸両用モビルスーツの主力となった。キャリフォルニアベースにおいてゴッグの後期型と同じラインで生産が行われた。

ジェネレーターの冷却を水冷式から水冷・空冷式のハイブリッドに変更したことで搭載する冷却水を減らすことに成功し、ゴッグより20tほど軽量化されている。また背部には熱核ジェットと熱核ロケットを兼ねた推進器を装備し、水中はもとより陸上でもMS-06J陸戦用ザクIIと同程度といわれる軽快な運動性能を示した。モノアイ・レールは全周ターレットとなり背部の視認性が向上した。

武装として頭部に240mmミサイル発射管を6基(8基の機体も確認されている)を装備(装弾数30発)している。これは水中での発射も可能であるが耐圧深度が低く、主に浮上・上陸後に用いられた。両腕部は他の水陸両用モビルスーツと同様フレキシブル・ベロウズ・リムと呼ばれる多重関節機構を採用し、先端にアイアン・ネイルとよばれる3本のクロー(4本という説もある)を装備している。これは格闘戦の際に打突・斬撃用の近接兵器として用いられ、高い機動性を生かすことでパイロットによっては配備が始まった地球連邦軍のジムを一撃で葬ることが可能であった。3本のクローの中央には収束率の高いメガ粒子砲を内蔵しており、胴体に内蔵することでその射角が限られていたうえに拡散型であったゴッグのメガ粒子砲と比較して、非常に高い自由度と貫通力を持っていた。

指揮官用として機動性などを強化したS型 (MSM-07S) が存在するが、一年戦争末期には一般兵向けの量産も全てS型に移行されている。S型の中でも赤く塗装されたシャア専用機が有名である。より格闘戦に特化した姉妹機ゾゴックも開発されている。

また、後に統合整備計画にて再設計され、各部を改良したズゴックEが開発された。



ハイグレードでもなかなかいい出来ですよ。
【2006/03/20 17:00】 一言おおいMS格納庫 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |